スムーズに退職する交渉ポイントは5つ!引き留められない退職理由で転職

スムーズに退職する交渉ポイントは5つ!引き留められない退職理由で転職

退職や転職の意思は固まったものの、「どのように退職に向けて進めていけばいいか分からない」「円満に退職できるか不安」という悩みを抱えていませんか?

退職する気持ちは固まっていても、退職という行為にどこか後ろめたさを感じている方は多いと思います。また、退職すると伝えたら会社に引き止められたり揉めたりするのを避けるために円満かつスムーズに退職したいと考えている方もいるでしょう。

そうお考えの方のために本記事では、スムーズに円満退職するためのポイントを解説します!

  • これから退職に向けて動き出そうとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね

円満退職のメリットとは?

円満退職のメリットとは?
  • 退職したら会社とは関係なくなるのに、そもそも円満転職をする必要ってあるの?

  • もちろん円満退職する必要はおおいにあります!転職を成功させるためにスムーズな退職も大切なポイントです

円満退職をすることで得られるメリットは以下の通りです。

  • 退職日を迎えるまで社内の人間関係で嫌な思いをしない
  • 退職の事務手続きをスムーズに行える
  • 現職と将来的に協力関係を結べて人脈が築ける可能性がある
  • 転職先に退職状況をクリアに説明できる
  • 後ろめたさを感じずに退職できる

退職前にもめごとや問題を起こしてしまうと、社内の人間関係が上手くいかなくなるだけでなく、社内で悪評を立てられて居心地の悪さを感じる日々を過ごすリスクがあります。

また、現職のメンバーと良好な関係を築いておけば、退職後にも付き合いが続き、その後の人生でメリットに転じる可能性もあるのです。

心を晴れやかにして次の仕事をスムーズにスタートさせるためにも、円満退職を目指さない手はありません。

スムーズに退職するための5つのポイント・方法

スムーズに退職するための5つのポイント・方法

それでは、スムーズに円満退職するために実践したい5つのポイントを解説します。

ポイント①退職の意思や交渉は早めに伝える

退職する決意や転職先の内定が決まったら、できるだけ早く退職の意思を会社側に伝えることが大切です。

法的には退職予定日の2週間前、一般的には約1ヶ月前に申し出れば問題ない会社が多いですが、会社によっては2~3ヶ月程度の準備期間が必要な場合もあります。

退職前にある程度の準備期間が必要な理由は以下の通りです。

  • 会社から退職の承認を得るのに時間を要する
  • 後任者の決定をする必要がある
  • 後任者への引き継ぎ業務の洗い出し、引き継ぎをする必要がある
  • 関係各所や退職の挨拶をする必要がある

ご自身が担っている業務量によりますが、上記のような業務が発生するため、早めに退職の意思を伝えましょう。

人手不足の会社に勤めている方、役職がある方、重要な業務を任されている方の場合は、退職後の社内体制の構築、後任者の決定を慎重に進める傾向があるので、特に時間がかかります。

会社としても早めに伝えてくれたほうが退職にあたっての諸対応がしやすいです。そのため、退職を伝えることに後ろめたさを感じている方も、早めに意思を伝えた方が周りのためになると考えれば気が楽になりますよ。

ポイント②直属の上司に退職の意思を伝える

退職は基本的に直属の上司に申し出るものです。

うっかり同僚やクライアントに話してしまったり、上司を超えて先に部門長や人事などに退職の意思を伝えてしまったりしてはいけません。その理由は以下の通りです。

  • 上司が退職意思を間接的に知ると、快く送り出そうとしてくれない場合がある
  • 同僚に先に知られた場合、社内に噂話が広まってしまったり同僚から引き止められたりする可能性がある
  • 人事や部門長に先に伝えた場合、直属の上司の管理能力が疑われてトラブルになることがある

報告の順番を間違えてしまうと、主に直属の上司に迷惑がかかる可能性が出てきます。また、上司間や部署間での確認作業などが無駄に発生してしまい、退職の承認に時間を要する場合もあります。

スムーズに気持ち良く退職するのであれば、一番先に直属の上司に退職意思を伝えるようにしましょう。

ポイント③感謝の気持ちと共に強い意思で退職を伝える

万が一退職を引き止められた場合、絶対に退職するという強固な意思表示をしながらも、同時に引き止めてもらえることやお世話になったことへの感謝の気持ちも伝えてください。

引き止められたことで気持ちが揺らぐ様子を見せてしまうと、さらに引き止められる可能性が高くなります。

また、この段階で口論や議論に発展してもめてしまえば円満退職は遠のいてしまいます。退職理由がどうであれ、会社側を責めるような姿勢は取らないように気を付けなければなりません。

退職の意思を伝える際は、退職することへのお詫びとこれまでの感謝の気持ちをしっかり伝えながらも、「それでも退職は決意したことです」と意思を曲げない姿勢を貫くのがポイントなのです。

ポイント④引き継ぎスケジュールと業務内容の棚卸しを行う

会社が退職を引き止める理由の一つに、引き継ぎ業務の負担が挙げられます。

退職者が出ると会社側は抜けた穴を補填するために、後任者の選定や採用、業務の引き継ぎをする必要があります。そのため、このまま会社にいてほしいと引き止められる場合も多いのです。

もちろん、退職者側は会社のために退職の意思を曲げる必要はありません。

とは言え、会社都合で引き止められる事態をなるべく避けるために、現実的な引き継ぎスケジュールを考慮してスムーズに引き継ぎを行うための協力はしてあげましょう

また、これまで担ってきた業務を事前に棚卸しして、引き継ぎが必要な業務を精査しておくと、効率的に引き継ぎ業務に入れます。事前に下準備がされていると、会社側も後任の選定や業務の振り分けがしやすくなるので、協力的な姿勢のアピールにもつながりますよ。

ポイント⑤退職理由はポジティブにな内容にする

たとえ本音の退職理由が「自分の評価に不満がある」「人間関係に我慢できない」「給料が安いのが不満」というようなネガティブなものだったとしても、本心は会社に伝えず、ポジティブな建前の退職理由を伝えるようにしましょう。

ネガティブな理由をそのまま伝えてしまうと、「それを改善すれば残ってくれるのか」と引き止められる可能性がありますし、会社の不満を伝えても会社との関係が悪化するだけで円満退職どころではなくなってしまうケースもあります。

前向きな退職理由であれば会社としては引き止めようがない場合が多いので、ぜひ以下でご紹介するような引き止められにくいポジティブな退職理由を伝えてみてください。

引き止められない退職理由の例

引き止められない退職理由の例

前項の「スムーズな退職ポイント⑤」で退職理由はポジティブにとお伝えしましたが、具体的にどのような退職理由を用意すべきなのでしょうか。

ここでは、退職を引き止められにくいポジティブな退職理由について、具体的事例をご紹介していきます。

より専門性のある仕事に取り組みたい

よくあるポジティブな退職理由の一つが、「より専門性のある仕事に取り組みたい」です。今の業務内容に不満を感じているのであれば、このように言い換えると良いでしょう。

今の会社ではこれ以上の自身の成長を望めず、スキルアップやキャリアアップのために転職したいという体裁で退職理由を伝えると、前向きに受け取ってもらいやすくなります。

ただし、社内での配置換えだけで得られるスキル・業務内容を理由にしてしまうと引き止められてしまう可能性もあります。なるべく、現職の会社では得られないスキルや経験できない業務内容を理由にすると良いでしょう。

新しい環境で自分の力を試したい

「新しい環境で自分の力を試したい」もよくある退職理由の一つで、ポイントは「新しい環境で」という部分です。

「部署異動すれば解消できるかも」と思われてしまう可能性があるので、伝え方には注意しましょう。

「人脈を広げたい」「自分の可能性をもっと掘り下げたい」という理由を付け加えて、会社の外に目を向けている姿勢を見せれば、上記のように勘違いされるリスクを回避できます。

資格取得のために勉強に専念したい

「資格取得のために勉強に専念したい」という退職理由は、転職先が決まっていない状態で退職する際に使える手です。

ただし、転職先や具体的なビジョンが決まっていないと引き止められる可能性があるので、退職したあとにやりたいことや目標実現のためのスケジュールが明確に決まっていると会社側に伝えると良いでしょう。

あわせてCHECK!

【20代・30代・40代別】男性の転職で有利な資格を一挙ご紹介

あわせてCHECK!

30代男性の転職で役立つ資格を解説!人生やり直して高収入を稼ぐためには

あわせてCHECK!

20代男性で転職に有利な資格を解説!高収入を目指す第一歩

起業もしくはフリーランスで働きたい

「起業もしくはフリーランスで働きたい」という退職理由も、退職後にやりたいことがあると明確に伝えられる一つの例といえます。

起業やフリーランスで働く際は、会社員に比べて個人でやらなければならないことが増えて大変になる分、相当な覚悟があるとアピールできます。そのため、会社側からの理解を得やすくなるでしょう。

あわせてCHECK!

脱サラ起業で儲かる仕事ランキング10選!失敗しないコツも紹介

抱いていた夢に挑戦したい

「抱いていた夢に挑戦したい」という退職理由は、現職とはまったく異なる業界やジャンルに挑戦する場合に使える事例です。

現職の会社では実現できない昔から抱いていた夢だとアピールすれば、会社も引き止めにくくなるでしょう。

円満退職に適した退職を申し出る時期・上司に切り出すタイミングは?

円満退職に適した退職を申し出る時期・上司に切り出すタイミングは?

円満退職をするためには、退職の意思を申し出る適切な時期や上司に切り出すタイミング・時間を理解しておくことが重要です。

ここでは、退職を申し出る時期や上司に伝えるべきタイミングについて解説していきます。

円満退職に適したを申し出る適切な時期

円満退職を目指すのであれば、業界・会社にとっての閑散期を狙える時期に申し出るのがベストです。

閑散期は仕事量が通常時に比べて少ないことから、少人数でも仕事が回りやすく、繁忙期に向けて人材募集をかけたり後任者を育成したりしやすい時期だからです。

ただし、閑散期に退職するとしても急に退職を申し出るのはやめましょう。先述したように、退職には会社の承認や後任者の選定、引き継ぎなどの一定の準備期間が必要だからです。

退職の意思は、閑散期に向けて余裕を持って準備ができる時期に申し出るのがポイントです。

上司に退職を切り出すタイミング

多忙な上司の場合、なかなか声をかけるタイミングが見つからず悩ましいところでしょう。

会社ごとの就業スタイルによって上司に退職の意思を伝えるタイミングは変わりますが、基本的に就業前や昼休憩中、終業後など業務時間外かつ周囲に人がいない時間帯が好ましいです。

メールや声かけでアポイントを取るタイミングも、同じく業務時間外に行うのが無難です。

上司のスケジュールが変則的な場合は、事前に上司のスケジュールを把握しておくのも重要といえます。上司が業務時間外に時間を取れないのであれば、上司の都合が良いタイミングに時間を確保してもらい、退職の意思を伝えるのがベストです。

退職をスムーズに成功させて新たな気持ちで次のステップへ踏み出そう

ここまで、スムーズに退職するためのポイントや退職理由の例、円満退職に適した時期や上司に切り出すタイミングについて解説してきました。改めて、解説した内容をおさらいしていきましょう。

  • 円満退職は気持ちよく新しい環境で仕事をスタートできるという大きなメリットがある
  • 退職の意思は退職予定日の約1ヶ月前までに直属の上司に申し出る
  • 退職の意思を伝える際は、感謝の気持ちを伝えつつ退職への強い意志表示をする
  • 引き止めやもめごとを避けるために、退職理由はポジティブなものにする
  • 現実的な引き継ぎスケジュールを考え、業務内容の棚卸しを行うと引き継ぎがスムーズになる

以上のポイントを押さえておけば、会社や上司からの理解も得やすくなり、円満退職を実現しやすくなります。

自分の力を試せる!高収入の転職先をお探しならナイト系求人をチェック

「新しい環境で自分の力を試したい」「今の仕事より稼げる仕事に就きたい」という考えをお持ちの方におすすめなのがナイト系求人です。

ナイト系とは、女性キャストが男性のお客さんに癒やしのサービスを提供する企業やお店を指します。男性は店舗スタッフや送迎ドライバーなど、キャストを支える幅広い職種で働けるのが特徴です。

  • そんなナイト系が転職先としておすすめの理由は3つあります

1つめは業界未経験でも働きやすい点です。ほとんどのお店が未経験を歓迎していて、業界経験がなくてもイチから仕事を覚えていけます。経験のない業界で頑張りたいという方もなじみやすいでしょう。

2つめは即日採用が可能な点です。すぐに人材が欲しいお店が多いため、即日面接・即日採用にも応じてくれるお店が多いです。急な退職でもすぐに採用につながる店舗や企業が見つかります。

3つめは実力主義な点です。年齢や経験よりもやる気と実力が評価されるので、新しい環境で自分の力を試したい方にピッタリといえるでしょう。実力次第ではすぐに昇給・昇格のチャンスが広がっています。

このように、ナイト系は異業種からでも気軽にチャレンジしやすく、未経験スタートでもたくさんのチャンスを掴みやすいのが魅力といえます。新しい環境で自分の実力を試したいという方は、ぜひナイト系求人をチェックしてみてくださいね!

あわせてCHECK!

在職中の転職活動についてメリット・デメリットと成功させるコツをタイプ別に解説

著者情報

シュウジ
シュウジ twitter

兵庫県生まれ。都内の私立大学卒業後、パチンコにハマって単位を落とすも、一浪して大学を卒業。派遣社員として工場で働きながら、副業としてナイト系ドライバーやせどりを始める。
本業に嫌気がさし、転職を決意し資格取得に励む。奇跡的に大手人材会社に入社し、給料が倍になり人生が変わる。人材業界でさまざまな職業や経歴を持つ人々との交流を通じて知識を蓄え、2023年にブログ「仕事図鑑」を開設。