研究者の年収まとめ!稼げる人と稼げない人の特徴と年収アップのコツ

研究者の年収まとめ!稼げる人と稼げない人の特徴と年収アップのコツ

「研究者」と聞くと、年収が高いイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際に研究者になったものの、思ったより稼げていないと悩んでいる方もいます。

本記事では、研究者の年収を年齢別や性別、地域別などに分けて解説しているほか、稼げる人と稼げない人の特徴、稼げていない研究者に向けて年収アップのコツもご紹介しています。

研究者で年収の高い職種ランキングや年収アップにつながる求人の探し方も取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

研究者の平均年収は704万円

研究者の平均年収は、約704万円です。
(※令和4年賃金構造基本統計調査をもとに、月給44.9万円、年間賞与165万円で算出)

大学卒業後に研究者として同一の企業に勤務し続けた場合の生涯年収は、約2億6,752万円です。
(※勤続年数が22歳から定年の60歳までの38年間と仮定して単純計算をした場合)

なお、研究者の年収がピークを迎えるのは55歳~59歳で、年収は972.51万円となります。また、研究者全体の月収別の人数割合は、40.0~44.9万円が最も高い割合を占める結果が出ています。
ただし、同じ研究者でも職種によって収入差が発生するため、ここでご紹介した数値や年代は、あくまで参考程度にご覧ください。 

研究者の収入内訳

企業に勤める研究者の収入は、一般職種と同じように「基本給+賞与+諸手当」で構成されています。
基本給には年齢や実績、最終学歴、専攻分野などが影響するため、高学歴の人や実績のある人ほど基本給が高い傾向にあります。さらに、語学スキルや海外勤務の経験も昇給の評価につながるのが特徴です。

また、賞与は年2回程度支給される企業も多く、諸手当には通勤手当や時間外手当、引越し手当、家族手当、住宅手当などが含まれます。なお、賞与の有無や支給回数、諸手当の内訳は企業によって異なるので、就職先の給与条件を必ず確認しておきましょう。

特に、年2回程度支給される賞与は、会社の業績や自身の成果によって大きく左右されます。研究者として年収を上げていくなら、いかに賞与額が多い企業に就職できるかどうかが重要です。

そして、会社に貢献できるほどの研究実績数を増やせば、おのずと知名度も高くなっていきます。
研究者としての知名度が上がることで、教育機関や団体での講演依頼が舞い込み、講演料や講師料といった副収入も得られる可能性もあるのです。
 

【年齢別】研究者の平均年収

研究者の平均年収は年齢を重ねるごとに増加し、55歳~59歳でピークを迎えます。

年齢 所定内給与額(千円)
20~24歳
約343.27万円
25~29歳 約486.42万円
30~34歳 約580.77万円
35~39歳 約678.83万円
40~44歳 約770.64万円
45~49歳 約839.36万円
50~54歳 約878.98万円
55~59歳 約978.51万円
引用元:職業情報提供サイト(日本版O-NET)jobtag「薬学研究者」(参照 2024-04-08)

20~24歳は研究者として働き始めて間もなく、経験も実績もないことから平均年収は約343.27万円と低めです。年齢とともに実務経験を積み重ね、スキルや専門性を向上できればどんどん昇給していき、年収も大幅にアップしていきます。

また、20代・30代と40代以上とでは年収の増加幅に違いがあるものの、年齢が5歳上がるごとに年収が約100万円程度上がる傾向にあります。

  • 研究者は長く働き続けるほど高収入が期待できる職業です。

【性別】研究者の平均年収

研究者の平均年収は、男女で大きく差が開いているのが実情です。
なお、男女別の平均年収は「(きまって支給する現金給与額×12カ月)+年間賞与その他特別給与額」で算出しています。

性別

平均年収
(千円)

きまって支給する現金給与額
(千円)

年間賞与その他特別給与額
(千円)

男女計

7039.4

449.1

1650.2

男性

7491.7

473.8

1806.1

女性

5746.6

378.5

1204.6

引用元:e-State政府統計の総合窓口「職種(小分類)性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)」(参照 2024-04-08)

全職種の給与所得者の平均年収が458万円である点を踏まえると、研究者の平均年収は男女ともに高いです。しかし、男性の研究者の平均年収は約749万円、女性の研究者の平均年収は約575万円となり、男女間で150万円以上の年収差があります。

男女の年収差が大きい理由として、女性が結婚や出産などによってキャリアが一度途絶えてしまうことが考えられます。また、日本において研究者として活躍する女性の割合が低いという実情も、男女間による年収差に大きく影響しているでしょう。
 

【地域別】研究者の平均年収

研究者の平均年収は、地域それぞれの経済状況や市場の需要などによっても異なる傾向にあります。
東京都と政令指定都市のある道府県の平均年収を比較すると、以下の通りです。

都道府県

平均年収

北海道

623.9万円

宮城県

601.9万円

東京都

766万円

埼玉県

667.7万円

千葉県

701.1万円

神奈川県

803.4万円

新潟県

628.3万円

静岡県

728.3万円

愛知県

615.2万円

京都府

655.8万円

大阪府

577.8万円

兵庫県

643.2万円

岡山県

565.8万円

広島県

681万円

福岡県

631.6万円

熊本県

722万円

引用元:職業情報提供サイト(日本版O-NET)jobtag「薬学研究者」(参照 2024-04-08)

研究者の平均年収が最も高い県が神奈川県の803.4万円、最も低い県が岡山県の565.8万円です。その収入差は237.6万円とかなりの開きがあり、地域によって稼ぎやすさに違いがあることが分かります。

研究者として年収アップを目指すのであれば、できるだけ平均年収が高い地域で働くことも視野に入れておきましょう。
とは言え、どの地域も給与所得者の平均年収458万円を大きく上回っているので、就職先の地域を問わず平均以上の高収入を得られる可能性が高いです。

研究者の平均年収が高いと言われる理由

先述した通り、研究者の平均年収は704万円で、給与所得者の平均年収458万円を大幅に上回っています。
研究者の平均年収が高いと言われる理由として、以下のようなものが挙げられます。
 

  • 専門性の高い仕事だから
  • 大卒・院卒が多いから

研究職は、非常に専門性の高い仕事です。専門的な知識やスキルを必要とすることから、一般的な職種に比べて給与水準が高い傾向にあります。

また、研究者への就職は非常に狭き門です。研究職は、学歴を重視した採用基準を設けており、採用者は大卒もしくは院卒が基本です。

さらに、研究者は国内でもトップクラスの大学や大学院を卒業している優秀な人材ばかりがそろう職業とも言われています。高いレベルの知識やスキルを求められ、誰でも目指せる職業ではない点が平均年収が高くなる要因と考えられます。

 

研究者で年収の高い職種ランキング

研究者といっても、さまざまな職種が存在します。研究者で年収の高い職種をランキングにすると、以下の通りです。

順位

職種名

年収

1位

薬学研究者

703.9万円

1位

医学研究者

703.9万円

1位

情報工学研究者

703.9万円

1位

バイオテクノロジー研究者

703.9万円

1位

土木・建築工学研究者

703.9万円

2位

宇宙開発技術者

557.5万円

2位

データサイエンティスト

557.5万円

2位

植物工場研究開発者

557.5万円

引用元:職業情報提供サイト(日本版O-NET)jobtag(参照 2024-04-08)

薬学研究者や医学研究者、情報工学研究者、バイオテクノロジー研究者、土木・建築工学研究者は約704万円と最も高いです。次いで、宇宙開発技術者やデータサイエンティスト、植物工場研究開発者が約558万円という結果が出ています。

1位の職種と2位の職種の収入差は約146万円と、同じ研究者でありながら年収差が大きいです。
研究者として多く稼ぎたいのであれば、平均年収が高い傾向にある職種に就職するのも一つの手です。

 

研究者で稼げる人・稼げない人

研究者は専門性の高い仕事であるだけに、専門的な知識やスキルが必要です。
研究者に必要な能力は以下の通りです。
 

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション能力
  • 集中力

以上を踏まえて、研究者で稼げる人・稼げない人の特徴を挙げてみました。

研究者で稼げる人

研究者で稼げない人

向上心がある人

語学勉強に興味がない人

失敗を恐れない人

挑戦意欲を持てない人

執筆が好きな人

地道な作業が苦手な人

人前で話すことに抵抗がない人

ロジカルシンキングが苦手な人

研究者として稼ぐためには、データサイエンスやAIといった高度な知識が求められる分野で活躍したり、語学スキルを習得して海外を拠点に活躍したりして、特定の分野やスキルを絞って鍛錬し続けなければいけません。
そのため、研究者は常に学び続ける必要があり、向上心を持って勉強や研究に励むのが大切です。

また、研究に失敗はつきものです。成功するために失敗を繰り返し、原因を探って検証しながら大きな成果を上げていくことが求められます。失敗を恐れ原因と向き合えない人は、なかなか良い結果が出せず、思ったより収入が得られない可能性があります。

そして、論理的に物事を考えることも稼げる研究者にとってなくてはならないスキルです。
研究者は、1つの研究テーマに対して、問題や課題を見つけて原因を分析し、「なぜこうなったのか」を突き詰めるのが大前提の仕事なので、ロジカルシンキングに苦手意識がある人には難しい仕事です。

なお、研究者として生活するうえで、学会での論文発表は避けられません。とある研究者は約20年で70本以上の論文を作成していると言われています。

職種や研究テーマにもよるものの、特に若手の研究者は論文の中身より本数の多さが研究実績に認められる傾向にあるので、執筆したり人前で話したりするのに抵抗がない人は活躍できるでしょう。

 

研究者で年収・給与を上げるポイント

ここからは、研究者で年収・給与を上げるためのポイントを解説します。
 

  • データサイエンスやAIを専門分野にする
  • 年収の高い企業に転職する
  • 語学力を高める
  • 研究実績を立てる

研究者の場合、就職先の企業の業績や研究分野によって、年収が大きく異なります。
もちろん、すでに研究職に就いている方も収入を上げる方法もいくつかあるので、4つのポイントについて具体的に説明していきます。
 

ポイント1:データサイエンスやAIを専門分野にする

これから研究職を目指すのであれば、データサイエンスやAIといった今後需要が高まっていくことが想定される分野を専攻するのがおすすめです。

IT技術の急速な発展に伴い、データサイエンスやAIといった世界最先端の技術は非常に需要が高く、注目を浴びている分野となります。

しかし、データサイエンスやAIの分野は、他の分野より人手不足の傾向にあります。
特にデータサイエンスの場合、専門知識はもちろん、ビジネスや市場のトレンドを把握しておく必要があり、さらに問題点の打開策を提案できるセンスも求められるため、すべてのスキルを持つ人材が少ないのが現実です。

このように、高い専門性が求められ、なおかつニーズの高さによって今後年収アップが期待できるデータサイエンスやAIは、まさに狙い目の分野と言えます。
 

ポイント2:年収の高い企業に転職する

すでに研究者として働いている方は、年収の高い企業に転職する方法も有効です。
一人でも多くの優秀な研究者を確保すべく、ほとんどの企業で給与水準を高めに設定しています。

世界レベルの実績を誇る大企業に転職できれば、年収1,000万円を稼ぐのも夢ではないでしょう。
年収の高い企業を見つけるコツは、今後も需要が見込める業界・分野から求人を探していくことです。

研究者は、基本的に数年先に活用される技術を開発・構築する役割を担っています。そのため、数十年先でも一定のニーズがある分野の研究職に就かないと、大幅な年収アップが難しくなる可能性があるのです。

需要の伸びが予想される業界や分野は多数あります。
 

需要の伸びが予想される業界・分野

  • データサイエンス
  • AI
  • IT
  • エネルギー
  • 製薬

しかし、研究職において需要の高い業界・分野や規模の大きい企業への転職はかなり難しいです。
研究職の求人数は少ないのにくわえて、大学や大学院で特定の分野を学んでいることを採用条件に設ける企業が多く、応募すらできないケースも珍しくありません。

さらに、職務経験も重視される傾向にあり、たとえ研究実績があったとしても応募先の企業の分野とかけ離れていれば、不採用のリスクも高まります。

そのため、自分で培ってきた知識やスキル、研究実績が活かせる企業に応募できるかどうかが、転職活動を成功させるコツと言えます。

あわせてCHECK!

ホワイト企業の見分け方!求人票の特徴・注目ポイント・要注意ワード

ポイント3:語学力を高める

語学力を高めることも、研究者の年収を上げる重要なポイントです。
研究者は、勤務先によって海外を拠点とする企業や研究所とやりとりをするケースもあります。

また、研究者の業務は、海外の学会に参加したり、海外の論文を読んだり、外国語を習得しないと業務に支障が出る場面が多数あるのも特徴です。このように、語学力があれば日本国内に留まらずグローバルに活躍できるため、仕事の幅が広がります。

そして、高い語学力を持つ研究者は、海外赴任やその他高い語学スキルが必要な業務も担える貴重な存在で、企業にとって給与を高くしてでも欲しい人材です。多くの企業から求められる研究者になるためにも、積極的に語学力を高めていきましょう。

稼げる研究者になるうえで語学力を高めたい場合、世界共通語の英語力の向上は必須です。特に、科学技術の分野は英語が共通言語であることから、近年は「TOEIC600点以上」を条件に定める企業が増えています。

  • 将来海外勤務を視野に入れている方は、英語を中心に語学の習得に力を入れておくのがおすすめです。

ポイント4:研究実績を立てる

研究者の年収・給与に大きく影響を与えるのは、研究実績です。研究実績は、自身の能力やスキルを客観的に示す重要な指標になります。

また、他機関との共同研究実績があれば、他の研究者とコミュニケーションをとりながら柔軟な発想ができると評価され、収入が上がる可能性が高いです。

研究者の就職先は、民間企業以外にも、大学・大学院の研究室、地方公共団体・省庁の研究所などいろいろあります。どの機関においても、いかに多くの研究実績を立てられるかどうかが、年収を上げていくうえで重要なポイントになります。

特に大学・大学院の研究室は、ポストが空かない限り教授・准教授といった役職に就くのは難しいのが現状で、キャリアアップのチャンスが掴めるように研究実績を増やしておかなければいけません。

ちなみに、研究費は大学・大学院から支給されるのにくわえて、研究内容や成果に応じて補助金が支給される「競争的資金」を獲得する流れが一般的です。研究実績は、十分な研究費を稼ぐ手段としても必要不可欠な要素と言えます。

民間企業で働く場合、資格を取得することで支給手当が支給されたりインセンティブがついたりするケースがほとんどで、研究実績とは異なる形で収入アップが狙えます。年収アップやスキルアップのためにおすすめの資格をご紹介するので、研究者として長く活躍したい方はぜひ取得を検討してみてください。
 

icon参考

・TOEIC(600点以上)
・QC検定
・弁理士
・知的財産管理技能検定
・危険物取扱者

 

年収の高い研究者の求人を探すなら?

研究者として民間企業に転職したい場合、収入面も含めてより好条件の企業を探し出せるかどうかが大切です。
ここでは、研究者の年収アップやキャリアアップに役立つおすすめの求人サイト・転職エージェントをご紹介します。

アカリク

研究内容に沿ったスカウトが届くためマッチ率が非常に高く、国内最大級の大学院生・理系学生に特化している求人サイトです。

メイテックネクスト

キャリアコンサルタントが各企業の特徴を把握したうえでアドバイスを行う、製造業・メーカー・IT分野に特化した転職支援サービスです。

ランスタッド

全国に拠点を持っており、エリアごとのニーズに合わせて転職活動をサポートしてくれる転職エージェントです。

 業界に特化した求人サイトや転職エージェントを利用すれば、専門のキャリアコンサルタントが転職活動を手厚くサポートしてくれます。
効率的に条件の良い求人を探すなら、業界知識のあるエージェントにサポートしてもらいながら転職を進めていきましょう。

 

研究者以外だと、未経験でも年収1000万円を目指せるナイト系もおすすめ!

研究者の平均年収は約704万円で、日本における給与所得者の平均年収を大幅に上回っていることから、高収入が狙える仕事です。

また、研究実績を立てたり知識やスキルを習得できたりした分が給与に反映されやすいため、大きなやりがいを感じられる職業とも言えます。

しかし、研究者になるためには大学・大学院を卒業するのが必須です。また、求められる専門性が非常に高く求人数も少ないので、研究者になるのはもちろん、転職もかなり難しいです。特別なスキルがなくても高収入が得られて、なおかつ短期間で就職・転職が可能な仕事に就きたいなら、ナイト系への転職も検討してみましょう。

ナイト系の応募資格は18歳以上(高校生不可)で、学歴・経験不問の求人を出す企業が豊富です。研究職のように学歴や過去の実績を重視されないので、未経験でも採用されやすいメリットがあります。

さらに、応募後の面接・採用もスピーディーですし、「即日勤務OK」「寮完備」といった初出勤までスムーズな体制が整っている企業も多数あります。ナイト系の業界全体が人手不足なのも相まって、就職・転職がしやすいのも魅力です。

そして、ナイト系は実力主義なので、成果次第で早期の昇給・昇格も可能です。店長・幹部になれば、年収1,000万円も夢ではありません。

  • 未経験で高収入を稼ぎたい方は、ぜひ一度ナイト系の求人をチェックしてみてください。

  

研究者で稼ぐには専門分野や語学力などが重要!

研究者は、他の職種と比べて稼ぎやすい職業と言われています。
実際に、日本の給与所得者の平均年収より研究者の平均年収のほうが高い傾向にあります。

しかし、研究実績や携わる分野などによって年収は大きく異なるため、年収アップにつながる取り組みを積極的に行うことが重要です。
最後に、研究者が収入アップを目指すポイントをまとめました。
 

iconポイント

・データサイエンスやAIを専門分野にする
・年収の高い企業に転職する
・語学力を高める
・研究実績を立てる

上記のポイントを押さえて、研究者としてどの業界・分野で働くかを検討し、スキルアップをはかりながら年収アップを目指しましょう。

著者情報

シュウジ
シュウジ twitter

兵庫県生まれ。都内の私立大学卒業後、パチンコにハマって単位を落とすも、一浪して大学を卒業。派遣社員として工場で働きながら、副業としてナイト系ドライバーやせどりを始める。
本業に嫌気がさし、転職を決意し資格取得に励む。奇跡的に大手人材会社に入社し、給料が倍になり人生が変わる。人材業界でさまざまな職業や経歴を持つ人々との交流を通じて知識を蓄え、2023年にブログ「仕事図鑑」を開設。